電話:86-755-27579310
金菱通達
中国から世界に向けた
熱伝導性インターフェース
材料の開発に力を入れています
 
 
ブログ
ブログ

GLPOLY熱伝導構造接着剤と同業者比較優位性

2021-1-9 11:15:24   |   Source:金菱通達(GLPOLY)   |   Author:Sales-Japanese   |   Views:

熱伝導構造接着剤は新エネルギー自動車のCTP動力電池に応用されており、現在業界には標準がありません。ほとんどの国内のエンジニアは海外のブランドと比較します。一流製品のパラメータ基準を達成したいです。国内では熱伝導のような構造の接着剤を提供することができますが、GLPOLYもその一つです。 以下はある海外一流の熱伝導構造接着剤とGLPOLY XK-Dシリーズの熱伝導構造接着剤を例にとって、一部の重要な指標を取って比較します。

まず、熱伝導率において、M社の熱伝導率は0.8-1.4 W/m·K程度で、GLPOLY Dシリーズの熱伝導率は1.5-3·0 W/m·K程度である。熱伝導率はあまり高くないと思うかもしれませんが、超薄界面の厚さは決め手です。0.09ミリ、さらに薄い界面の厚さは接触熱抵抗を低くし、熱伝導効果は驚くほど良いです。

次に、せん断接着強度です。国内の同じタイプの製品のせん断接着強度はまだ3 MPaの範囲にうろうろしています。GLPOLY熱伝導構造接着剤の接着強度は8 MPaを超えています。

 再度、固化時間です。GLPOLY熱伝導構造接着剤XK-Dシリーズは、M社の24時間の固化時間に比べて、お客様のニーズに合わせて熱伝導構造接着剤の固化時間を2時間から24時間まで調整して選べて、お客様の設計をより柔軟にさせます。

いくつかの重要な指標から、GLPOLY熱伝導構造の接着力はすでに海外の有名なブランドに負けず、完全に代替できることが分かりました。 GLPOLY XK-Dシリーズの熱伝導構造接着剤は低粘着度、高接着強度などの特徴があり、電気芯間の隙間を効果的に充填し、空気を排除し、熱伝導効果をできるだけ最適化します。

 GLPOLY熱伝導構造接着剤はすでにいくつかの電池メーカーで試作されています。熱性能も物理性能も非常に安定しています。 GLPOLY熱伝導材料はすで大手車に応用されており、毎年優良なサプライヤーと評価されています。

GLPOLYは各種な熱伝導問題の痛みを解決しております。

 
Man's Lab: