電話:86-755-27579310
金菱通達
中国から世界に向けた
熱伝導性インターフェース
材料の開発に力を入れています
 
 
ブログ
ブログ

全自動化設備時代の迎えるために、GLPOLY二液型熱伝導充填剤XK-S30を開発しました

2020-12-30 10:55:51   |   Source:金菱通達(GLPOLY)   |   Author:Sales-Japanese   |   Views:

GLPOLYの研究開発員は未来の市場応用に基づいて、国内で初めに二液型の熱伝導充填剤を開発しました。触変式双剤熱伝導放熱剤XK-S30はその中の一つ核心製品です。放熱剤と固化剤(熟成剤)という二剤成分から構成します。厳格に1:1の割合で完全に混合してから、混合した材料を焼くことによって完全に熟成させます。熱伝導シリコンシート、熱伝導両面テープ、熱伝導グリースなど伝統的な熱伝導材料と比較して、二液型放熱剤XK-S30次のような利点があります。

1.二液型放熱剤XK-S30は泥のような材料であり、XK-S30材料自体が非常に低い接触熱抵抗が有り、圧縮最小厚さは0.09 mmに達することができます。通常の熱伝導シリコンシートよりも、電子部品の損傷を受けないように保護することができます。

2.二液型放熱剤XK-S30は非常に軟らかい、微細な隙間の充填に最適です。最大限度に空気の熱抵抗を低減して、材料の熱伝導性能をアップして、熱伝導効果発揮させます。

3.二液型放熱剤XK-S30の作業はとても便利です。ディスペンサー設備を組み合わせて使用すれば、生産効率が大幅に向上し、材料ロスが出にくいです。

4.二液型放熱剤XK-S30の整合性、細かい成分 低圧力の応用 室内または高温硬化10%固体、固化副産物は有りません。

5.GLPOLYの二液型XK-S30は製造過程には、原料をナノ級粉砕してから、完成後のXK-Sシリーズの熱伝導率と絶縁耐圧が相当安定します。

GLPOLYの熱伝導性充填剤XK-Sシリーズは二つの部分からなっている高性能な熱間隙充填剤であり、流動性と安定性に優れているものです。充填剤XK-Sシリーズが硬化する前に、充填された部品のギャップが完全に充填できます。固化できた後、充填剤は少々柔らかくなり、ある程度に粘度をあり、安定性を持ちました。この特性により、充填剤XK-Sシリーズは特に動力電池およびモーターで幅広く利用されています。

新エネ自動車の動力用バッテリーパックで適用できる熱伝導性材料、軽量化、非シリコーン系、グリース、パッド及びロール式パッケージの生産能力を持ちます。既にローカル業界で一番早く導入したメーカーであります。

もっと熱伝導充填剤XK-S30情報を知りたい場合には、まず遠慮なく、お気軽GLPOLY相談窓口にお問い合わせてください。

 
Man's Lab: