電話:86-755-27579310
金菱通達
中国から世界に向けた
熱伝導性インターフェース
材料の開発に力を入れています
 
 
ブログ
ブログ

金菱通達二液型熱伝導構造接着剤XK-Dの粘着性は8Mpaに達成します

2020-12-10 10:10:13   |   Source:金菱通達(GLPOLY)   |   Author:Sales-Japanese   |   Views:

GLPOLYの二液型熱伝導構造接着剤は国内の同タイプの製品の中で唯一8 MPaの接着強度に達するものです。

熱伝導構造接着剤はまだ業界の標識がなく、各メーカーの技術基準が違っています。肝心な熱伝導構造の粘着力という指標において、多くの仲間が熱伝導の粘着力が4 Mpa以上に達すると宣言しています。多くのお客様のエンジニアが熱伝導構造接着剤についてよく知らないので、熱伝導構造接着剤メーカーの誤解と影響を受けやすいです。

なぜGLPOLY金菱通達の熱伝導構造接着強度は8 Mpaに達することができますか?GLPOLYが製品に対する厳しい要求だから、原材料に対して技術改良を行い、技術アップグレードを行った。研究開発者は寝食を忘れて研究開発と革新を行い、テスト検証を繰り返しています。そしてお客様の実際の製品の応用を結び付けて、お客様の現場のシーンを模擬します。同時に国内初の全自動熱伝導構造接着剤生産ラインを持っています。

今年の中で、新しいエネルギーの自動車メーカーは高い熱伝導率、高い接着力の熱伝導構造接着剤を探してテストに使って検証します。GLPOLYを含めて3社のメーカーがサンプルを送っています。お客様は3ヶ月以上のテストをしました。

プロジェクトの機密性が高いので、テスト期間中に取引先はサプライヤーにテストの進捗状況を把握することを禁止します。ただテストの結果を待つだけでいいです。3ヶ月後、お客様は予定通りテストの結果をフィードバックしてくれました。最終的にGLPOLY3社の中からトップになりました。他の2つの家は熱伝導率が要求に達しない上に、または接着強度が足りないという現状です。GLPOLY金菱通達だけが同時にこの二つの技術要求を満たすことができます。

金菱通達(GLPOLY)熱伝導構造接着剤は同業者が及ばない技術優勢を持っています。

1)熱伝導構造接着剤の接着強度は8 Mpaで、同業者はできません。

2)熱伝導率は3.0 W/M*Kで、海外ではごく少数の同行しかできません。

3)常温硬化時間は同業者より少なくとも20%以上低いです。

現在、GLPOLY金菱通達熱伝導構造接着剤はすでに国内の前三位の車製造企業のテスト検証を通して、正式に試験生産段階に入りました。

GLPOLY金菱通達の熱伝導材料はすでにLG、大疆、大唐電信などの多くの一線企業に供給されています。5年間連続で品質クレームが受けませんでした。

GLPOLY熱伝導材料は、良い品質です。

 
Man's Lab: